経験者のあなたへ

口コミサイトで悩むのは無駄。その理由とメカニズム①

どうも!日本の“セクシャルワーカー を応援する、もんたろです。

2008年より風俗のお仕事に関わらせて頂いておりますが、定期的に受ける相談があります。

それは、“口コミサイトへの書き込み”に関する相談です。

はじめに言ってしまいますが、

口コミサイトで悩むのは無駄です。

まだまだ未成熟なインターネットの世界・・書き込む側の匿名性だけが守られた情報共有の場で、元々、後ろめたい気持ちや、身バレの不安にさらされているセクシャルワーク・キャスト達が、かっこうの餌食になってしまっています。

スタッフ側とキャストという立場の違いはありますが、十数年間、私は一切口コミサイトを気にしたことがありません。

正確に言うと、気にする必要性が無いのです。

それは、今、口コミサイトを見て悩んでいる方にも同じことが言えます。
今回は、そのメカニズムを説明します。


1:“受動ストレス ”を知る。

人間の脳は、ネガティブなものを見聞きすると、“受動ストレス”というストレスを感じるようになっており、受動ストレスを受けると脳機能が低下し、かつ消費行動を行う傾向にあることが、科学的に証明されています。

では、消費行動とは一体何でしょうか。

ひとつは、『お金』。

ネガティブな情報に触れることによって、消費活動への欲求が高まり、大して欲しくもないものをショッピングサイトで長時間探し続ける・・といった行動などに出てしまいます。

「買い物でストレス解消~♪」なんていうのもその一つですね。

そして、消費行動のもうひとつが、『時間』です。

口コミサイトをみて、自身に関係あるかも知れない情報を見つけてしまったとき、本人が受ける受動ストレスは計り知れないものがあるでしょう。

受動ストレスを受けてしまった本人は、

「他にも何か書かれているんじゃないか。」

「私よりもっと悪い事を書かれている人を見て、少しでもショックを和らげよう。」

「ひどい。私も書き込んで反撃しよう。」

・・と、脳のメカニズムに従って時間と労力の消費行動がはじまるのです。

身に覚えがある方。数時間口コミサイトを見続けてしまい、はっと我に返り、倦怠感や虚無感に苛まれてしまったことはありませんか?

それはあなた自身のせいではなく、『受動ストレスによる脳の反応』であるだけなのです。


2:風俗系口コミサイトのユーザー(閲覧者)は、リピーターの占める比率が“異常に”高い。

一般的に公開されているサイトの多くには、Googleアナリティクスなど、サイトの訪問者を解析する機能が組み込まれています。

風俗系の口コミサイトは、その総アクセス数に対し、リピーター(そのサイトに2回以上訪れている閲覧者)の比率が、他のサイトと比較しても異常に高いと言われています。

つまり、同じような閲覧者ばかりが口コミサイトにアクセスしてるのです。

受動ストレスの法則に従って、ネガティブなサイトであればあるほど、その傾向は高まります。

一見多く見えるコメントも、実は同じような方々で展開されている可能性が非常に高いでしょう。

つまり、そのサイトが与えている(書き込まれた本人が感じている)印象よりも、極々狭いコミュニティで誹謗中傷は展開されているのです。

世の中の大多数の人たちはそのサイトの存在すら知らず、その内容にいたっては、本当にどうでもいい内容なのです。


3:実態を知り、負の連鎖から「いち抜けた!」をしよう。

考えても見てください。あなたが口コミサイトで悩むこと自体が、匿名で書き込んだ人の思うつぼだと思いませんか?

負の引力がまた負を呼び、ごく一部の人間たちで展開されているにも関わらず、「日本中の人が見ている気がする。」のが、口コミサイトの魔力。

口サイトがあなたの実生活に与えるダメージは、ほぼありません。ダメージを受けるのはメンタルのみです。
ましてや、書き込み返すなどもってのほかです。同じように、それによって相手に与えるダメージもまた、たかが知れているでしょう。

一度、見なくなった口コミサイトを、一年後に閲覧してみてください。
(気にしない自信の無い方は見なくてもOKですよ)
きっと、如何にくだらないことに時間を費やしていたのかが、実感できるでしょう。

匿名で声をあげることしかできない人に、反応する必要はありません。

そして、そのような口コミサイトから情報を得て、貴女という人物を判断する人たちもまた、気にかける必要はありません。


彼ら彼女らが、夜な夜なスマホを覗き込みながら書き込んでいる姿や、書き込みを閲覧している姿を想像してみてください・・。

・・あなたが豊かな人生をおくるシナリオの中で、重要な登場人物であるとはとても思えません。

世のほとんどの人達は気にしていなく、その存在すら知らない。しかしそこに集まる人達は、そこが世界の全てであるかのように必死に傷付け合い、疲弊し合う・・そんなネガィブな風俗関係の口コミサイトを一言で言い表すのなら、

無観客の泥仕合

と言えるでしょう。

口コミサイトの実態を知り、受動ストレスのメカニズムを知り、脳内に新鮮で爽やかな風を送り込み、負の連鎖から卒業しましょう!

「それでも、やっぱり気になっちゃう・・。」という方!

次回は、「ネガティブな口コミサイトは無駄」というテーマをマーケティングの側面から掘り下げます。
きっと、更に口コミサイトで悩むのが馬鹿らしくなっちゃいますよ!

もんたろ

投稿者の記事一覧

日本のセクシャルワーカーを応援する、もんたろと申します。
趣味は【育児】【愛妻】【納税】です。
業界スタッフ歴十年の経験の中で、働くキャストさんやスタッフの置かれている境遇と、風俗業界の持っている高いポテンシャルの不一致を痛感していました。
風俗業界を健全化し、社会的な地位を向上させるために独自のブランドを開業。
一名でも多くの働く女性やスタッフを“豊か”に出来るよう、様々な情報を発信していきます!

関連記事

  1. あなたは“風俗嬢”ですか?それとも“セクシャルワーカー”ですか?…
  2. セクシャルワーカー、愛する人に真実を伝える必要性は?
  3. “豊かさ”の定義とは?”幸せ…
  4. 風俗経験レディがお店を辞める理由TOP3。2位は「稼げない」・・…
  5. 口コミサイトで悩むのは無駄。その理由とメカニズム②
  6. 耳タコ注意(笑)!やっぱりメイクはナチュラルに。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP