キャストのお仕事について

風俗経験レディがお店を辞める理由TOP3。2位は「稼げない」・・では1位は?

どうも!日本の“セクシャルワーカー を応援する、もんたろです。

私は自身の店舗の面接時に、女性に対して

「なぜ、以前のお店を辞めたのか?」

と必ず聞くようにしています。

お話しを聞くと様々な事情があり、非常に興味深いのですが、多くの声を聞き取っていく中で見えてきた、「キャストさんが店舗を辞める理由として最も多いTOP3」をまとめてみました。

あくまで私個人の主観ですが、経験女性の方には共感して頂ける部分は多いと思います。


1:まずは3位、「ステップアップのため。」

私が運営している店舗は、俗に言う【高級店】となりますが、【大衆店~中級店】と言われる価格帯の店舗で売れっ子になり、「もっと価格の高いお店で働けるのではないだろうか?」と考えた女性が、ステップアップのために高級店である私の店舗へ面接に来る・・というのは、非常に多いパターンです。

これは、個人的には非常に良い事だと思っています。

未経験の女性に多い傾向ですが、はじめの内は風俗求人情報サイトなどを見ても、どこも良いことだけを書いているのでよくわからず、ほぼ運任せのような状態で面接に行ってしまいます。

すると、こなれた面接官の話術によって、そのまま押し切られるに近い形で入店となり、考える暇もなく働くことになる・・。ということはよくあります。

ここからはその店舗で稼げるようになった女性に限ってしまいますが・・

しばらく働いていると、同じキャストさんやお客様からの情報で、どうやらもっと高額で良いお店があることを知ります。

そこで、お店を移りたいと思いはじめますが、お店がなかなか辞めさせてくれない・・。

これは、かなり多く見られるパターンです。

どこも人材不足です。ましてや人気女性が辞めるかも知れないとなると、お店は必至です!
あの手この手で女性を引き留めます。ときには、半ば脅迫まがいな態度に出て来るお店も・・。しかし、

「お店が辞めさせてくれない。」という状況は本来あり得ません。
いつだって、女性には自由にお店を辞められる権利があるのです。

あまりに脅迫的だと法に触れる可能性もあります。

兎にも角にも、自身のステップアップのために店舗を移るというのは良く見られることで、かつ自然なことです。


2:続いて2位。「稼げない。」

「稼げない。」というのも、在籍店舗を辞める理由としてよく聞かれます。

「以前のお店は、お客様を付けてもらえなかった。」

「暇なお店だった。」

せっかく女性として貴重な時間を消費して、セクシャルワーカーとして働くのですから、稼げないお店に見切りをつけることは非常に重要です。

ただし、裏話をしてしまうと、我々(運営側)としては、そのようなお話しは少々注意を払って聞くことにしています。

なぜなら、そのお店が暇なお店であったわけではなく、その女性自身が単に稼げなかった(もしくは稼げなくなった)だけ・・という可能性も排除出来ないからです。

もちろん全てを疑っていればキリがないのですが、本人の実力不足、努力不足によって稼げていなかった場合、その女性は仮に入店したとしても、遅かれ早かれ同じ結果が待っています。


3:1位。「人間関係のストレス及びトラブル。」

いつの時代も、この理由が最も多いのです!

多くのキャストさんが、人目を阻んでお仕事に取り組んでいるため、理不尽なことがあっても声をあげにくい。という錯覚が、残念ながら未だに蔓延してると言わざるを得ません。

スタッフや上層部からの、コミュニケーションや講習にかこつけたセクハラ。
(普通に犯罪です!)

店舗スタッフ間の不平不満や愚痴に付き合わされる。
(接客業のプロに愚痴をつき合わせるのなら、その時間分の対価を払うべきです!)

タバコや振る舞いなど、スタッフや他の女性のマナーが悪く、疲れてしまった。
(経営陣が介入し、直ちに解決を図るべきです!)

お店側から、本指名を取るために本番を推奨された。
(日本の法律では、違法行為となっています!!)

十数年、数多のキャストさんたちの話しを聞いてきて、いかにキャストさんたちが仕事と直接関係のないストレスにさらされているのか、私は痛感しました。

それらに耐えられず、お店を辞めてしまう女性が非常に多いのです。

残念ながら一般的にあり得ない状況や行為がまかり通っているケースはまだまだ散見されます。

このような(一部の)方々の振る舞いが、風俗業界がいつまでも社会的に低い立場に見られる要因のひとつであることは間違いないでしょう。


4:これからの風俗業界のあるべき姿。

・・いかがでしたでしょうか。内容に関しては、共感して頂けた経験者の女性も多いのではないでしょうか?
モチロン、多くのお店がこれらにあたらず、道理的に運営されているのだとは思っています。

しかし、一方で、閉ざされた業界で多くのキャストさんが声をあげにくい中、多少の理不尽は当たり前・・と未だに考えている店舗(や女性)が見受けられるのもまた事実です。

多くのセクシャルワーカー達が、心身ともにストレスの無い環境でお仕事にあたれる状況を目指し、これからも情報を発信し続けていこうと思います!

もんたろ

投稿者の記事一覧

日本のセクシャルワーカーを応援する、もんたろと申します。
趣味は【育児】【愛妻】【納税】です。
業界スタッフ歴十年の経験の中で、働くキャストさんやスタッフの置かれている境遇と、風俗業界の持っている高いポテンシャルの不一致を痛感していました。
風俗業界を健全化し、社会的な地位を向上させるために独自のブランドを開業。
一名でも多くの働く女性やスタッフを“豊か”に出来るよう、様々な情報を発信していきます!

関連記事

  1. あなたは“風俗嬢”ですか?それとも“セクシャルワーカー”ですか?…
  2. 口コミサイトで悩むのは無駄。その理由とメカニズム①
  3. 口コミサイトで悩むのは無駄。その理由とメカニズム②
  4. 耳タコ注意(笑)!やっぱりメイクはナチュラルに。
  5. “豊かさ”の定義とは?”幸せ…
  6. 図表で見る!“あなたが風俗業界へ飛び込む理由”を、もう一度整理し…
  7. セクシャルワーカー、愛する人に真実を伝える必要性は?
  8. 2020年度のコロナ渦、数々の助成金、給付金の風俗業対象外の問題…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP