キャストのお仕事について

2020年度のコロナ渦、数々の助成金、給付金の風俗業対象外の問題について。

どうも!日本の“セクシャルワーカー を応援する、もんたろです。

Twitterで業界の様々な問題に取り組み、素晴らしい行動をされている
【FU-KEN@ナイト産業を守ろうの会】さんに、個人的なつたない見解を寄稿させて頂きましたので、こちらでも投稿させて頂きます。

※この記事は、2020年7月時点での記事です。


【性風俗除外の問題について思うこと】

1:コロナショックの渦中、初めて「風俗業界は、社会において正式な一員(補助・助成対象)であるか」というテーマが公に議論されました。その結果は・・

今回のコロナ渦中において、性風俗事業が『持続化給付金』や『家賃支援給付金』の給付対象外となることが正式に発表されました。

勉強不足な若輩者ながら、そのとこについて2020年7月時点での個人的な見解を、この場を借りて述べさせて頂きたいと思います。

結論から言いますと、

「現時点ではこれが現実、仕方がない。」

‥という事になります。

少なくとも、それが現時点での業界に対する政府の、そして社会からの評価という現実を、まずは正面から受け止めなければなりません。

4月初頭、元大阪府知事の橋下さんが、メディアで西村担当相に直接訴えかけてくれました。

「風俗業を差別してはいけない。他の業種と同じように給付の対象としなければいけない。」・・と。

非常に嬉しく心強く思いましたが、現実としての結果はやはり対象外ということになりました。
その事に対して、SNS上では「おかしいだろう!」との声は多少見られましたが、メディアや新聞などで大きく取り上げられる事もなく、ムーブメントを起こす事は出来ませんでした。

しかし、考えても見てください。

今までだと、国を代表するような方々が公のメディアでこのような議論をすること自体があり得ないことでありました。

そういう意味では、今回、業界は皆で支え合う社会の一員として認められるべきか否かを、公の場で議論し合う状況をつくり出せた・・初めて正式なリングの上に上がれた。とも言えるのではないでしょうか。

そして、その正式なリングでの勝負の結果として、やはり多くの理解を勝ち取ることが出来ませんでした。

「風俗業界は対象外。」という政府の決定は、大多数の国民の違和感にはつながらなかったのです。


2:なぜ、業界は対象にならなかったのかを冷静に考える。

私も、小さい組織ながらまがいなりにも経営者で、納税もきちんとしています。
事務所も清潔にし、その辺の会社よりは真っ当だと自負していますが、それでも「仕方がない。」と言い切れます。

なぜかと言うと、法を守り納税義務も果たしている事業者もいる一方、良識的な社会の一員として真っ当に営業していない店舗も数多く存在するからです。

セクハラ講習(性犯罪)、脱税(キャバクラと風俗は年間脱税ランキング1位2位の常連)、スカウトの利用(職業安定法違反・迷惑防止条例違反・児童福祉法違反等)、安い賃金での長時間労働(労働基準法違反)など・・。

我々は業界全体で業界人。少なくとも国や社会はそう見ます。
後に、元大阪都知事の橋下さんから、風俗事業が対象外とされた理由の一つとして「“国民感情”としか言いようがない。」という発言もありました。
「真っ当な我々とそうでないところと区別しろ!」と言いたくもなりますが、この渦中に風俗という特定の業界だけに細かい査定を求めるのは、それこそ現実的ではありません。
飲食店ですら、大きなところ小さなところ一緒くたにされているのですから。


3:では、どうしたら良いのか?

では、どうしたら良いのか?

現実を受け止め、背中を丸めて申し訳なさそうに社会の隅で生きるしかないのでしょうか。

私はそうは思いません。

5年後、10年後、同じような未曽有の危機が起こったとき、こちらが騒ぎ立てずとも、「風俗業界にも支援、給付をしましょう!」と、政府側から言われるような状態に我々が業界を健全化させる事が、今回の災害から学び、向かうべき方向性であり、経営者の果たすべき責任なのだと考えています。

令和の時代は、人類がステージアップする節目の時代。
キャッシュレス化、インボイス制度、そして今回のコロナショック。
今後、業界も様々な変化の渦に巻き込まれていくでしょう。

私は、長期的に見ると業界全体がより社会の一員として自然に受け入れられていく大きな流れ、またはチャンスだと捉えています。

メディアの著名人が、ちょこちょこ業界をかばってくれるのは嬉しい事ですが、彼らに『期待』するのは良くても、『当て』にしてはいけません。

SNSやデモなどで声をあげる事も大事ですが、社会における風俗業界の『機能』を、能動的かつ主体性を持って変えていく事も、また大事なのではないかと思うのです。


4:とは言え。

・・とは言え、2020年7月16日現時点で、大阪の感染者数66人。東京286人。
大阪モデルは黄色信号で、東京は赤(感染拡大警報)。
まだまだ、コロナ渦真っ只中。
(※個人的には、公表される感染者数だけが実態ではないと考えていますが)

偉そうな事を言っても、まだまだ先行きは不透明です。
しかし、どんな人にも事業でも、進む者には試練は必ずやって来るもの。
経営者である以上、向き合わなければいけません。

私個人としては、概ね前向きに捉えています。
それはきっと、スタッフや在籍レディなど、周りの環境に恵まれているからかも知れません。

数年後、「コロナショックをきっかけに、風俗業界は良くなった。」と、言われるような明るい未来のために、今日出来る小さな行動を個人レベルで積み重ねるだけです。

前向きに業界に携わる全ての方が、より豊かになれる未来を祈って。

※この記事は、2020年7月時点での記事です。

もんたろ

投稿者の記事一覧

日本のセクシャルワーカーを応援する、もんたろと申します。
趣味は【育児】【愛妻】【納税】です。
業界スタッフ歴十年の経験の中で、働くキャストさんやスタッフの置かれている境遇と、風俗業界の持っている高いポテンシャルの不一致を痛感していました。
風俗業界を健全化し、社会的な地位を向上させるために独自のブランドを開業。
一名でも多くの働く女性やスタッフを“豊か”に出来るよう、様々な情報を発信していきます!

関連記事

  1. “オフィスで買って後悔したモノ”シリーズ①
  2. 図表で見る!“あなたが風俗業界へ飛び込む理由”を、もう一度整理し…
  3. デリバリーヘルスでは、“送迎スタッフの質”が、お店の質を決める!…
  4. 風俗経験レディがお店を辞める理由TOP3。2位は「稼げない」・・…
  5. 口コミサイトで悩むのは無駄。その理由とメカニズム②
  6. “豊かさ”の定義とは?”幸せ…
  7. あなたは“風俗嬢”ですか?それとも“セクシャルワーカー”ですか?…
  8. セクシャルワーカー、愛する人に真実を伝える必要性は?
PAGE TOP